H1 Default

あいたにインソールとからだの研究

0561561335

お問い合わせ

ブログ

膝の痛み③ -膝蓋下脂肪体(しつがいかしぼうたい)-

膝の痛み③ -膝蓋下脂肪体(しつがいかしぼうたい)-

膝や足裏の痛み・お悩みをオーダーメード・インソール(入谷式足底板®)で解決する名古屋・長久手のあいたにインソールとからだの研究所 代表 理学療法士の相谷です。

 

膝の痛みの原因について前回、膝の痛み②で伏在神経(ふくざいしんけい)をご紹介しました。

歩行差し替え用 - コピー (96)解剖学プロメテウスを改変引用

 

 

今回は、膝蓋下脂肪体(しつがいかしぼうたい)です。きっと、皆さん『脂肪』という言葉に敏感に反応されたのではないでしょうか?

 

一般に皆さんが連想する脂肪は『皮下脂肪』『お腹周り?』だと思いますが、この『脂肪体(しぼうたい)』は、少し役割が違います。というより、関節の運動のクッションとして、欠かせない存在がこの『脂肪体』であり、膝関節においては、お皿(膝蓋骨しつがいこつ)の下にある『膝蓋下脂肪体』がとても重要なのです。

そして、最近は、とてもこの『膝蓋下脂肪体』が膝の痛みに関連していることが分かってきているのです。

 

歩行差し替え用 - コピー (101)解剖学プロメテウスより改変引用

歩行差し替え用 - コピー (102) グレイ解剖学より改変引用

 

 

今回は、まず簡単にその場所だけご紹介します…

 

名前の通り、お皿の下にあります。特に、膝を伸ばした状態でお皿の下をよく観察してください。ぷくっとしているのがわかると思います。膝を曲げてしまうと、この膝蓋下脂肪体は、へこんでわかりにくくなります。膝を曲げた状態からゆっくり伸ばしてくと、そう、ぷくっと出てきませんか?

歩行差し替え用 - コピー (100)

 

これ、膝の関節内が腫れていると勘違いされる方もおられるかもしれません…

 

『水が溜まった』など、いわゆる関節内の腫れではお皿の上まで膨らんでいることが多いのですが、膝の痛い方の中には、お皿の下だけが腫れている方が意外に多いのです。

 

特に、膝を伸ばした状態でお皿の下の『外側』を、つまり『膝蓋下脂肪体の外側』を押すと痛いという方…

歩行差し替え用 - コピー (100) - コピー

 

ひょっとすると、その膝の痛みは、膝関節の変形・擦り減りだけではなく、膝蓋下脂肪体が関係しているかもしれません!(実際に痛くて困っているのは、膝の内側でもです。)

 

今回は、この程度にして、次回細かく、膝蓋下脂肪体の役割などについてご紹介したいと思います。

 

膝の痛みで長い間お困りの方で、この『膝蓋下脂肪体』を押すと意外と痛いという方、そのお悩みは、インソール(入谷式足底版®)で解決できるかもしれません。

 

是非一度、名古屋・長久手のあいたにインソールとからだの研究所にお問合せ・ご相談ください。

本日も最後までブログをお読み下さり、本当にありがとうございました。

(理学療法士 相谷)

 

お気軽にお問い合わせください

0561561335

お問い合わせ

インソール作製中、施術中など電話にできることができないため、
留守番電話にメッセージを残していただければ必ず折り返しのお電話をさせていただきます