H1 Default

あいたにインソールとからだの研究

0561561335

お問い合わせ

ブログ

『X脚』『O脚』でお悩みの方へ。『膝』のお話①

『X脚』『O脚』でお悩みの方へ。『膝』のお話①

外反母趾や足裏の痛みのお悩みをインソールで解決する名古屋・長久手のあいたにインソールとからだの研究所 代表の相谷です。

 

今回は、膝についてのお話です。最近、あいたにインソールとからだの研究所には、膝の痛み・お悩みでインソールを作製に来られる方も増えてきました。

靴の中敷き・インソールで、膝に関係あるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな方にまずは、膝のお悩みでよく聞かれる、『O脚』『X脚』についてお伝えしたいと思います。

 

膝は、まず

■太ももの骨(大腿骨だいたいこつ)

■すねの骨(脛骨けいこつ、腓骨ひこつ)

■お皿(膝蓋骨しつがいこつ)

の4つの骨で構成されています。

歩行差し替え用 - コピー (69)

 

また骨と骨の間・継ぎ目を『関節』と言いますので、

■太ももの骨(大腿骨)とすねの骨(脛骨)の間 = 脛骨大腿関節(けいこつだいたいかんせつ)

■太ももの骨(大腿骨)とお皿(膝蓋骨)の間 = 膝蓋大腿関節(しつがいだいたいかんせつ)

を合せて、『膝関節』と呼んでいます。

 歩行差し替え用 - コピー (70)

X脚』や『O脚』は、この脛骨大腿関節の位置関係(アライメント)つまり、太ももとすねの位置関係により、決定されるのです。

 

特に、皆さんが気になるのは、加齢的変化で起こってくる『O脚』による痛みではないでしょうか?日本人に多いとされる加齢的な『O脚』は、『変形性膝関節症(内側型)』と言われ、一般には、60代~80代で、膝周辺・膝の内側(時に膝の外側)の痛みを訴えられます。平地を歩くのも痛いという方や階段、特に階段でも下りが痛いという方、非常に多いです。

 歩行差し替え用 - コピー (61)

 

これは、『O脚』の方の膝が、この写真のように、膝の内側の関節面がぶつかるようになるためと言われています。X脚』は、その反対で、外側の関節面がぶつかるようになります。

歩行差し替え用 - コピー (67)歩行差し替え用 - コピー (68)

 

さて、いかがでしょうか?なんとなく、お膝の構造のイメージがつきましたでしょうか?今回はこの辺りにして、次回は、この膝と足、膝とインソールの関係についてもう少し詳しくお話したいと思います。

 

平地を歩いても膝が痛いという方、階段の下りで膝が痛いという方、あいたにインソールとからだの研究所では、実際に歩いているときに膝がどうなっているかを動画でお見せして解説し、お悩みを解決していきます。また、研究所内には、階段があります。この階段を使って、実際にインソールを着用して、階段の痛みが改善しているかも、ちゃんとその場で確認するのです。

6D4A7394 6D4A7126 - コピー

 

膝のお悩み、本当になんとかしたいという方は、是非一度、あいたにインソールとからだの研究所にご相談下さい。

 

本日も最後までブログをお読み下さり、本当にありがとうございました。

お気軽にお問い合わせください

0561561335

お問い合わせ

インソール作製中、施術中など電話にできることができないため、
留守番電話にメッセージを残していただければ必ず折り返しのお電話をさせていただきます